6月, 2015

暮らして行くには借りるしかないと覚悟を決めた時

6月 29th, 2015

初めて消費者金融からお金を借りたのは、24歳の時でした。父が軽くうつ病になり、地元を離れていた私は家族を養う為に会社を辞め地元の工場の派遣に入りました。派遣に入ったのは時給の良さとお給料の前借制度があると聞いたので入社しました。

家族は3人家族。私と父と中学生の弟でした。母は他界しており、私は弟が小学生の高学年まで地元におり弟せ世話、家事、アルバイトをしていましたが、都会で働きたいと父に相談して親元を離れました。離れて3年で戻ってくる事になり必死で工場の派遣で働いても父と弟を養うにはお金は足りませんでした。

その理由は母が亡くなる前に作った借金でした。最初は父と私の貯金でなんとかしていたのですが、貯金も底をつきそうになり、弟は成長期で沢山食べる。父も病院へ連れて行きとなると足りなくて当たり前でした。

母の借金はクレジットカードの借金と父の勤め先の会社からの借金で毎月5万は支払っており、母が亡くなってから私は意地でも消費者金融からはお金は借りないと思っていましたがそうとも行かなくなりました。
父は病状も収まりつつあるものの、医師からもうしばらく休養した方がいいとの事で頼れないので私は覚悟を決め専業主婦でも借りれるキャッシングから借りることにしました。

どこがいいとかわからず、ただ場所を知ってるだけで飛び込んだ先はレイクでした。どれだけ金利をつけられるのか、無人とはなんだ?の世界だったのですが、入り口に新規はこちらにとプレートが貼ってあり、契約まではオペレーターの方と電話をしながら待つだけ。こんなに簡単に借りられていいのか?とこちらが心配になるほど簡単でした。最初に借りたお金は5万。
支払いも少しでいいし、有り難かったです。多分かかった時間は40分ぐらいでしょうか。それでも私はオペレーターの方に書類の書き方とかまで電話して聞いていたぐらい無知でしたので、そんなに時間がかかった
と思えませんでした。

それから2ヵ月してから父も仕事復帰して借りたお金は全て返済しました。あの時借りられてなければ、支払いも滞りどうなっていたかと思うとゾッとします。最初は嫌なイメージしかなかったのですが、自分が借りて180度イメージは変わりました。

パチンコで借りましたがもう完済しました

6月 23rd, 2015

学生時代にパチンコばかりやっていた私は、アルバイト代のほとんどをパチンコに費やしてしまっていました。ですが、そのバイト代も足りなくなった時に、とうとう消費者金融からお金を借りてまでパチンコするようになってしまったのです。私が初めてお金を借りたのはプロミスでした。プロミスなら学生にでも審査さえクリアすればお金を貸してくれると友達から聞いたので、思い切って申し込んでみたんです。
実際に申し込んでみますとバイトで収入があるという事で、審査の結果借入出来ると言われました。希望した融資金額全てを貸してくれる事になり、大変有難いと思った記憶があります。まず希望した金額なんて貸してくれないと思っていたので、満額で審査に通ったのは嬉しかったですね。借りたお金でパチンコをして楽しい毎日を過ごしました。
就職してからパチンコは止め、返済に集中しました。少しずつですが順調に返済出来たので、今では一切借入れはありません。

三井住友銀行カードローンの限度額増額のリスク